カテゴリー
カメラ

Leica IIIfの入手顛末

7月末にバルナックライカ・Leica IIIfをオークションで入手しました。

これに似合うレンズということで入手したのが先日紹介したSummar 50mm F2
純正だけあって良く似合っています。

leica3f01

しかし、試写してみたら、全体にこんな感じに…

leica3f05

下の写真を良くみるとわかりますが、シャッター幕に孔が空いていたためで、孔の部分だけ過度に露光されるようで。
まあ、1万5000円ほどだったので、このぐらいの不具合はしかたないのかも。

leica3f02

シャッター幕の張り替えも含めてこちらでオーバーホールしてもらいました。
張り替え含めて27000円というのは良心的な値段かと。
合わせても4万円台前半なので、お得な買い物でした。

こちらは張り替え後のシャッター幕。
きれいになっています。

leica3f03

OH後に帰って来たカメラですが、高速シャッターの不具合があったので、再度調整してもらいました。
修理が完了するまでほぼ1カ月かかりました。
再調整後も1/1000秒はうまく開かないことがあります。
もともとそうらしいので、気にしないことにします。

とりあえず試写結果。
レンズはSummarではなく、VoigtlanderのColor skopar 35mm P-typeですが…
レンズ鏡筒が太いせいか、ファインダーの一部にかかるのはちょっと困りもの。
leica3f10

leica3f11

ほかの速度はちゃんと出ているっぽい。
2020年のオリンピック開催地決定前の試写なので、誘致の旗がかかってますが…

ライカ沼にはまらないようにしないと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です